昔のゲーム機とピコ秒レーザの音を関連づけて楽しむ

昔のゲーム機とピコ秒レーザの音を関連づけて楽しむ

音楽が好きな方と言えば、どうしても歌詞や曲全体が好きになるような傾向にあるのではないでしょうか。

しかしそれを更に発展させていけば、通常の方では楽しめないような方法で音楽を楽しむ事ができると思います。

ピコ秒レーザを普段から使用している技術者にとって、これは全く音楽とは関係無いと考えられるものなのかも知れません。

しかし、音楽が好きな方にとっては、案外ピコ秒レーザが音楽に関わっていると考える事ができるのではないでしょうか。

その場合、音楽というものよりも、音の響を楽しんでいるような感じがあると言えるでしょう。

ピコピコという音を音楽に取り入れているジャンルが、音楽の中にはあります。

特にその昔流行っていた家庭用ゲーム機での音楽は、正にこのような音をしていたと言えます。

その時代に音楽が好きになった方は、この頃の音とピコ秒レーザが発する音を同じように考えて楽しんでいるのかも知れません。

あくまでも音楽の楽しみ方の一つとして考えて下さい。

全く関係の無い事を想像しながら楽しむ人類の才能

音を発するという事は、今の技術で言えば空気が振動する事によって、それを音として感じると解釈されています。

ですから、宇宙空間では空気の振動が無い為に、音が発生しないと考えられています。

そのような事は事実として知られている事であり、私たちが想像で楽しんでいる事とは全く別の事となります。

ピコ秒レーザの音を楽しむとしたら、どのような事が考えられるのでしょうか。

そもそもピコ秒レーザに音はありません。

ただレーザ光線が発射されるだけですから、その音がするという事もありませんし、音がしないという事は空気も振動しないという事になります。

しかし、私たち人類は想像力を働かせて人生を楽しむ事ができる生き物です。

このようなレーザ光線を楽しむ事ができるのも、人類の特徴であり、そして才能であると考えてもおかしくは無いでしょう。

音が出ないものに対して音が出るような感覚で接する事によって、更に今まで考え付かなかったような事を発見する場合もあります。