新しい食材を作り出す際にピコ秒レーザを応用できるかも

新しい食材を作り出す際にピコ秒レーザを応用できるかも

今でも常に進歩している業界は、これからも有望な業界であると評価されているのかも知れません。

そのような業界は、普段では考えられないような事をアイディアとして出しながら、常に前進しているような業界でもあります。

ですから、ピコ秒レーザを利用した発展をこれから考えている業界もあると言えるでしょう。

そしてその業界がピコ秒レーザと全く関係の無いような業界であればあるほど、私たちからの評価はとても大きいものに変わっていく事が考えられます。

例えば食品業界が何か新しい食材の研究をしているとします。

新しい材料を踏まえて作り上げた製品は、確実に私たちに対して全く新しい味を提供してくれるものと考えられます。

しかし、今の段階で食材として使用できる材料は、既にある程度決まっていると考えてもおかしくはないでしょう。

その為にこのようなレーザ光線を使用して、材料の根本から構造を大きく変化させるような事に使用していく事がイノベーションに繋がるのではないでしょうか。

改めて日本語の難しさを理解できた事があった

最初はピコ秒レーザーという表現で物事を考えていました。

その言葉を当てはめて色々な事を考えていましたが、どうしてもそれでは相手の方に伝わらないような気がしてなりません。

私の表現方法で何処がいけなかったのかを考えると、ある時ふとちょっとした間違いに気が付いてしまいました。

実は本当の名前はピコ秒レーザという表現であったという事でした。

すぐにこの表現に変えて相手の方に対して伝えた所、それまでもやもやしていた部分が一気に解消されたような感じで受け取っていただけた事がありました。

このように、文章の中では、言葉を伸ばす記号が使われているだけなのか、或いはそうではないのかという、単純でかつとても微妙な違いだけという事になります。

しかし、それがあるか無いかだけでも、相手の方がどのように受け止めるのかという事に大きく繋がりますから、日本語はとても難しくて奥が深いと考えられます。

他の言語でも同じような事がきっとあるでしょう。